歯科

白いセラミックスの詰め物をしよう|歯医者で審美歯科を受ける

顎の骨を広げる装置

歯の模型

子どもの頃から片頭痛や肩こりがある場合は歯並びが関係している可能性があります。改善のためにも東京の矯正歯科で床矯正を検討してみましょう。顎の骨を広げながら矯正を行なうことができます。

More...

土台になる素材を選ぶ

インプラント治療

歯が抜けた分には人工歯を取り付けるようにしましょう。その手段の一つとしてインプラント治療をしている京都の歯科はたくさんあります。そこで主に使われるのがチタン製のインプラント装置です。

More...

歯の見た目を意識する

治療台

日本人の多くが虫歯や歯周病の治療をするために歯医者へ足を運んでいます。梅田にある歯医者にも大人から子どもまでいろいろな年齢の人が歯の健康を保つために訪れるのです。歯の健康にはいくつかの種類があり、虫歯や歯周病のような病気だけではありません。例えば、歯が抜けてる部分があると歯並びが歪み顎や他の骨へ影響を与えることがあるでしょう。そのようなときに梅田の歯医者ではインプラント治療をして抜けた歯を補います。他にも、凸凹の歯並びは消化不良や発音への影響が考えられ、そういうときには矯正を行なって歪みを治すのです。このように何か歯に関することで悩んでいる場合は梅田の辺りにある歯医者を頼るといいでしょう。

梅田にある歯医者では審美歯科という治療メニューがあります。審美歯科というのは歯の病気を治すだけでなく、見た目の美しさを整えることを目的にして治療をするというものです。例えば、黄色く変色した歯を白くすることも審美歯科の治療内容に入ります。この他に、銀歯や金属の詰め物や被せ物を白い素材と取り替えるということもできるのです。銀歯や金属は虫歯治療で空いた穴を塞ぐ大切な役割があるのです。しかし、金属を体内に長い間入れていると劣化して不具合を起こすことがあります。また、見た目も歯の色とは違い目立ってしまうでしょう。そこで、梅田の歯医者では金属と同じくらいの強度を持つセラミックスという素材で詰め物や被せ物をすることができるのです。セラミックスなら体内でも劣化しにくく、歯と同じ綺麗な白い色なので目立ちません。

ニオイの原因は歯垢や歯石

医療器具

きつい口臭で悩んでいる場合、歯周病になっている可能性があります。これら2つの症状と関係しているのが歯垢や歯石の存在です。しっかり除去するために光が丘の歯科へ通いましょう。

More...