歯

白いセラミックスの詰め物をしよう|歯医者で審美歯科を受ける

顎の骨を広げる装置

歯の模型

鼻炎や片頭痛、肩こりといった症状は大人だけが抱えている問題ではありません。最近は、これらの症状に悩まされているという子どもも多くなっているのです。この原因の一つとして考えられているのが上顎と下顎のバランスの崩れです。とくに下顎の成長が上手くいっていない場合によくこのような症状が起こってしまうのです。また、悪い歯並びを放っておくことで消化不良や体の歪み、顎関節症になる可能性もあります。子どもの健康のためにも、歯の並びや顎の発達には気をつけなくてはいけないのです。子どもの歯並びを気にしているのであれば早めに東京の矯正歯科で相談するようにしましょう。

東京にはたくさんの矯正歯科があり、そこでは年代に合わせた矯正治療が行なわれています。顎の成長が止まってしまった大人の場合や重度の歪みにはブラケット装置を使う矯正が行なわれるでしょう。東京のほとんどの歯科で用いられるこの方法は見た目が目立ってしまいますが、治療効果が高いのでよく使われる方法なのです。もちろん、この方法で子どもの歯を矯正することもできます。しかし、子どもの歯を矯正するときには顎の成長を利用して歯を整えるとういう方法を選択することもできるのです。それを選択することで抜歯せずに治療を進められます。東京の矯正歯科でその方法を選択すると、床矯正装置という入れ歯のような器具を使うことになるでしょう。これを装着することで顎を広げながら歯を整えられます。健康な歯を残して治療するためにも子どものうちから早めに治療を行ないましょう。